マクロビオティック『陽性体質』
0

    陽性体質は大らかで前を向いている

     

    陽性体質の人の個性・特徴

     

    ・体温は高め

    ・脈拍が早め

    ・血圧は高くなる傾向

    ・外向的

    ・攻撃的

    ・朝型 (年齢が若いと、時間を問わず元気)

    ・男性的 (性別が女性であっても男性のような雰囲気)

    ・運動好き

    ・深い思慮苦手

    ・筋肉がつきやすい

    ・休日は、アウトドアやスポーツ好む

    ・多人数で参加するような趣味趣向

    ・独りだけの時間を「寂しさ」と感じ取りやすい

    ・積極的

    ・声大きい

    ・失敗があるとヤケになりやすい

    ・すぐカッとなる

    ・楽観的 (極陽性の場合は、享楽的、刹那的)

    ・極陽性体質なら、短命

     

    『陽性体質』は、“肉食系”(男性寄り)と言っちゃおう。

     

    これを見ると、自分は随分『中庸』にバランスが良くなった来たと思う。(自分は極陰性)

     

    『陽性気質』にずっと憧れていた。一緒に居る人が、『陰性体質』だと物凄く悲観的に

     

    寄ってしまい、物事が運ばない事が多く、悩んでばかりいた。

     

    人間関係の断捨離は、いつの時代もあるのだけれど、『陽性体質』の人と一緒に居る方が、

     

    自分の人生は前を向いて行けると思ったので、人間関係の断捨離を今年にも大きく行った。

     

    断捨離をすると、その隙間に入って来るものが必ずある。来た来た・・・陽性様が。

     

    常に前を向いているし、努力家、勤勉、気性が一定。

     

    勿論、陰性体質の人を否定はしているわけではなくて、バランスの問題。

     

    人間は、一緒に居る人に寄って行くからである。その時だけでも。

     

    その為、自分の居場所は、自分で探らなければならなくて、もしそれがダメだと思ったら、

     

    苦しいかもしれないけれど、けれどその場から離れる選択肢も視野に入れる。

     

    個々で自分自身を『中庸』にしていく事も大事だと思っていて。

     

    相手の人が、極陽だったとしたら、タバコやお酒を止められないと思うし、

     

    その相手の人をも、『中庸』にしてあげると、皆がバランスがとれた生活が

     

    出来るかもしれない。

     

    少なくとも、その知識は、周りには伝えている。

     

    mitsue

    posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
    マクロビオティック『陰性気質から陽性へ』
    0

      マクロビオティック『陰性気質に一時的に変えられる』

       

      自分の気質は、『陰性体質』。『陽性体質』になりたくて。

       

      陰性体質の人の個性・特徴

      ・身体が冷える (冷え性)

      ・脈拍が遅くなる

      ・低血圧

      ・内向的

      ・防御的

      ・夜型 (朝は苦手)

      ・女性的

      ・運動苦手

      ・空想したり、ぼんやりしたり大好き

      ・筋肉に締まりがなく、ブヨブヨ型

      ・肉体よりも精神を頻繁につかう

      ・休日はインドアで過ごしたい

      ・個人的な趣味趣向

      ・スピリチュアル好き

      ・消極的

      ・声小さい

      ・失敗があると、独り落ち込む

      ・心配性

      ・体調不良の日々多いが、比較的、長生き

       

      昨日のブログにも書いた通り、(以前は)悲観的で色白、アレルギー体質で。

       

      ただ、食べ物で(多少は)変えられる事は実感しており、好みだけで、食べていれば、

       

      更に輪をかけて『極陰』に成らざるを得ないので、それは避けたい所。

       

      『中庸』もしくは『陽性気質』寄りにしたいので、実行している。

       

      陰性気質は、生まれ持った性質なので、普通にしていたらそのまま。

       

      それでも弊害が無ければ問題なし。

       

      中庸の食べ物を食べているか、陽性寄りの食生活にしていけば良い。

       

      年齢と共に、陽性寄りの食生活にはなって行くのだろうとは思う。

       

      昔と比べて、食生活は嗜好は大きく変化した。

       

      今現在、陽性寄りの中庸に体質的に、思考も、変化していると思っている。

       

      ・身体が冷える (冷え性)→特に冷えなくて、いつでも暑がりな方。

      ・脈拍が遅くなる→当てはまらない。

      ・低血圧→2年前まで、下45上70だったのが、下60上110〜120に上がった。

      ・内向的→外向的な方が多くなった。

      ・防御的→結構無防備。

      ・夜型 (朝は苦手)→当てはまらない。

      ・女性的→男性的。

      ・運動苦手→当てはまらない。

      ・空想したり、ぼんやりしたり大好き→当てはまらない。

      ・筋肉に締まりがなく、ブヨブヨ型→当てはまらない。

      ・肉体よりも精神を頻繁につかう→当てはまらない。

      ・休日はインドアで過ごしたい→当てはまらない。

      ・個人的な趣味趣向

      ・スピリチュアル好き→これは明らかに『現実的』に変わった。

      ・消極的→それは違う。

      ・声小さい→それも違う。

      ・失敗があると、独り落ち込む→これ、本当に無くなった。落ち込みは一瞬。

      ・心配性→全くありません。

      ・体調不良の日々多いが、比較的、長生き→以前より不調は無し。

       

      陽性にするために、食生活が変化したこと。

       

      ・糖分より、塩分を好むようになった。

      ・ベジタリアンから、動物性食品を好むようになった。

       

      これだけでも、随分変われた。

       

      mitsue

      posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
      マクロビオティック『人との関係』
      0

        マクロビオティック『陰』『陽』人とのバランス

         

        マクロビオティックの『陰』『陽』のバランスがある。

         

        (あくまでも経験上の個人的見解である事を申し上げておきます。)

         

        人間にも、陰と陽の性質が元々備わっている。

         

        バランスを取る為に、パートナーや家族等ずっと一緒に居る相手は、正反対な人を欲する。

         

        一緒に居て心地が良い人は、偏った思考や偏った日常にならなくて済む。

         

        偏った思考や性格や物事をイイ感じに緩和・中和してくれる。

         

        体質も一緒の物を持っていないから、一緒になって困る事もなく。

         

        極陰と極陰のパートナーや家族であれば、喧嘩や言い争いが絶えない。

         

        また愚痴等、悪い事を一緒になって話したり行動したりする。

         

        家族が全員『極陰』だった場合、人生は辛いものになる。

         

        『極陰の人』とは、どういうものか?

         

        /白で、インドア。一つの事に集中する。

        ▲▲譽襯ー体質である。

        4鼎なが大好き。

        い茲喋る。

        ザ鮹圓多く、マイナス思考。

        ι蘯陲澆笋垢ぁ

        皮膚が乾燥している。

        冷え性。

        自分の事を可哀そうな人だと話すし思っている。悲観的。

        浮き沈みが激しい。

        視野が狭い。貧乏気質。

        過去に執着している。

        甘えたがり。

         

        これを、『陽性』にしようとすると、『陰性』の人達と合わなくなったり、疎遠になる。

         

        これは辛いだろうけど、社会的に大きく広く、プラスに将来の事を見据えて

         

        進んで行くと決めたなら、確実に、良い人生になるだろう。

         

        『陽性気質』になろうとするならば、食べ物を変えなければならない。

         

        思考は、食べ物で出来ていると思っている。

         

        元々も性格は、変えられないと思っている事、それは否定できる。

         

        全て、食べ物で脳は生きているから。遺伝は?体質・性質は?

         

        変わると思う。100%でなくとも。

         

        続く・・・

         

        mitsue

        posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
        マクロビオティック『陰体質』
        0

          マクロビオティック『陰性』

           

          昨日のブログの続き。若い頃のマクロビオティックの『陰』の食べ物ばかりを食べてきて、

           

          もう止めた方が確実に良い!と思ったことが沢山あったので、止める決意をした。

           

          ,酒を止めた。

          △菓子作りを趣味にしていた頃、主食がその手作りお菓子で、

          それを止めた。作ること自体も。

          バナナや南国フルーツをまず食べない事にした。(最近はこだわっていない)

          ぅ淵后▲肇泪函∪献轡ぅ織院△犬磴いも、もやしは、野菜でも食べなくした。

          (頂いた時は頂く)

          デ鮑重の使用は止めた。ビート糖は2年半で1キロ位使用する。

           

          色んな事を身体で感じて、嫌な感じと言う事が如実に理解できると、

           

          止めなければ、生活・人生〜色んな事が嫌な感じになってしまう。と思う。

           

          止めて変化したこと。(大人になった、年を取った・・・だけかもしれないが。)

           

          ‥澆里靴發笋韻蓮一切ない。

          基本体温が37度、高くなった。

          人に甘える事が無くなった。努力はするが、自分に厳しくしなくなった。

          小さい事に拘りを見出さなくなった。

          い肌がとっても綺麗になった。変動がない。いつも同じで浮腫まない。

          ト韻フサフサになった。ボリュームが凄く出た。

          Εぅ薀ぅ蕕靴覆ぁむかつかない。怒らない。

          Ы乎耄蓮Ψ菽芭呂普通に行える。

          ┿匐,蓮駄々こねが無くなった。集中力が出て頭脳明晰になる。

          自然には鼻水や涙が出なくなった。食べ過ぎると出てくる。

          読書、しなくなった。将来の勉強はしている。将来の夢の為の。

          落ち込まなくなった。人から言われた事は、すぐ忘れちゃう。人は人、自分は個性として。

          突き詰める所が変わった。自分の精神面ではなく、将来の夢の為の突き詰めは程よく。

          環境汚染・添加物・化学物質・健康・戦争・宗教等、どうでもいい。何も考えていない。

          自分に関係ないと思っているのか。全く考えない。

          山・川・海、大自然に触れたい願望が全く無くなった。現実で必死になる方が楽しくなる。

           

          昨日の記事抜粋・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          ‥澆蓮△靴發笋韻砲覆襦

          基本冷え症になる。

          性格が甘えたさんになる。自分に厳しくするから他人に甘える。

          (そんなに厳しなくても良い所に執着してる。)

          ごチ臠になる。全身カサカサ、ふけや痒み。

          ト韻薄くなる。

          Ε劵好謄螢奪になる。(低血糖症)

          Ы乎耄蓮Ψ菽芭呂無くなる。

          ┿匐,世搬漫垢海佑始まる。言う事を聞かない。大声出す。

          鼻水や涙が出る。(お酒も陰性。お酒を飲んだら鼻水や涙が出てくる)

          読書量が増える。引きこもり。悲観的になる。

          落ち込んでナイーブになっちゃう。人から言われた事を大きく受け止めてしまう。

          突き詰めてこだわり屋さんになっちゃう。そこだけには集中力はある。

          環境汚染・添加物・化学物質・健康・戦争・宗教等、

          自分に直接関係のない所にこだわる。

          自然豊かな所ばかりに目が向く。花が綺麗・空が綺麗・海〜山に癒される。

           

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

           

          食べ物で、人生が変わる。と思う。(のリンク先)

           

          続く・・・

           

          mitsue

          posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
          マクロビオティックは卒業
          0

            マクロビオティック10年で卒業

             

            食生活で色々なことを試した。その中でも『マクロビオティック』生活は長かった。

             

            『玄米菜食』という分類になる。動物性食品を摂らないようにした。

             

            マクロビには、食物の陰と陽の値があって。極陰とか極陽とか。軽いのとか。

             

            マクロビオティック陰陽表

             

            そのバランスを取る様に、いかに中庸にしていくかがポイントとなる。

             

            昔はもっぱら、『陰』の物ばかり食べていた。いわゆる『陰』は身体を冷やすもの。

             

            南国〜暖かい地域で採れるものは基本、身体を冷やすもの。砂糖・砂糖・砂糖。

             

            若い頃は誰でも、燃えているからね。

             

            腹が立ったりイラついたりすると、甘いもので鎮静させる。

             

            燃えていたよ。ボーボーと。🔥

             

            『極陰』を食べてばかりいるとどうかるか。(あくまでも自分と他人を見て感じた所)

             

            ‥澆蓮△靴發笋韻砲覆襦

            基本冷え症になる。

            性格が甘えたさんになる。自分に厳しくするから他人に甘える。

            (そんなに厳しなくても良い所に執着してる。)

            ごチ臠になる。全身カサカサ、ふけや痒み。

            ト韻薄くなる。

            Ε劵好謄螢奪になる。(低血糖症)

            Ы乎耄蓮Ψ菽芭呂無くなる。

            ┿匐,世搬漫垢海佑始まる。言う事を聞かない。大声出す。

            鼻水や涙が出る。(お酒も陰性。お酒を飲んだら鼻水や涙が出てくる)

            読書量が増える。引きこもり。悲観的になる。

            落ち込んでナイーブになっちゃう。人から言われた事を大きく受け止めてしまう。

            突き詰めてこだわり屋さんになっちゃう。そこだけには集中力はある。

            環境汚染・添加物・化学物質・健康・戦争・宗教等、

            自分に直接関係のない所にこだわる。

            自然豊かな所ばかりに目が向く。花が綺麗・空が綺麗・海〜山に癒される。

             

            身体が『酸性』になる事。色んな見方があるので、一概には原因は無い。

             

            自分が経験したことを書いている。

             

            続く・・・

             

            mitsue

            posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
            ローフードの果糖をエネルギーにしては危険
            0

              ローフードの果物やドライフルーツは危険

               

              2010年、ローフードマイスターの資格を取得。

               

              『酵素』の大切さは、2003年から自分の中で重要視して。

               

              野菜も生ばかり食べていたし、果物も大好きで。今でも『酵素』は毎日取り入れている。

               

              資格を取った頃から、お米を一切食べなくした時も。

               

              糖質(炭水化物)は、果糖で取る事を決めた。その頃は色んな人体実験をしていた。

               

              アメリカで『フルータリアン』が流行っていて、

               

              自分もエネルギーは果物だけで賄っていた。(今考えると怖!)

               

              果物とドライフルーツ、ナッツだけの生活もしていた。あの頃は色んな事を実験。

               

              ある意味健康になる事に憑りつかれていて。不自然な生活と環境が影響させた。

               

              動物性食品を一切摂らなくすると、不思議と精神がふわふわして行き、

               

              常に地に足がついていない感じ。

               

              非現実的に物事を考え、スピリチャルに行き、思った事は叶っていった。

               

              電話の音で、誰かが解ったり、電話がかかってくるのも予知できた。

               

              見る物が奇跡ばっかりで、この感覚は、断食した時にも見える。

               

              写真を撮ろうと思って、富士山の麓で雲がかっていたので、どいてくれと願ったら、

               

              2〜3分で雲が全て消えた。(写真が残っているから証明できるが今は気持ちが悪い)

               

              人の考えている事も見えて、よく怖いとも言われ。機械まで、触って願ったら治った。

               

              この経験は、余り話さない。今ブログで書いているのも、客観的におかしな人だと思う。

               

              ただ、フルータリアン、ベジタリアン等、動物性食品、乳製品を一切絶ったら、

               

              不思議な現象が当たり前に起こってくる。

               

              断食している人も、虫と話が出来ると言っていたり、色に匂いを感じる等。

               

              それに似ている。

               

              ただ、お金を稼ぐ事だったり、何かを現実的にして行く事は困難になってくる。

               

              変な人でこだわりが強くて、人との関わりが薄くなる。見るからに幸せそうに見えない。

               

              いつか、写真をアップしようかな。昔の写真と、今の明るい写真。顔が違う。

               

              どんな人生にするか、食べ物は重要になってくる。

               

              ここで話している内容は、とっても極端な話であって。

               

              普通そんなことまでやらないとは思うけど、、現実的に生きるか、精神的に生きるか。

               

              どっちが良いかと言えば、お肉もお魚も乳製品もお米も食べて、脂肪は身体に付くけど、

               

              見るからに幸せそうって言われる事の方が良いと思っている。

               

              現実的に地に足を付けて歩いて行く方を選んだ私は今は幸せだと思う。

               

              mitsue

              posted by: mitsue | 感じたこと | 00:00 | comments(0) | - |
              食べ物で人生が変わる
              0

                何を食べているかで全てが決まる

                 

                食べ物で全てが決まるなんて、有り得ないかな。

                 

                感情や、思い込み、皮膚、内臓、体力、精神力・・・たくさん。

                 

                自分の身体でそう思う事も沢山あって、自分以外の人も、見ていて思う。

                 

                食べている物でその人が出来上がっているのだから、思考も、顔の形まで、

                 

                食べ物で変わると思っていて。

                 

                自分が若々しく居られるのも、食べ物と生活、人生をじっくり観察しているからだと思う。

                 

                (遺伝と思っている事も食べ物で変えられる気がしている)

                 

                食べ物が同じだと、同じ様な性格になって行くし、違うと価値観まで変えて行く。

                 

                昔、スーパーで、人のかごの中を見てその人がどのような物を買っているかと、

                 

                どの様な外見か等、統計を出す為に自分の中で観察していた頃があって。

                 

                嗜好品も同じく。食べている物で自分が良くも悪くも変われるのだったら、

                 

                気を付ける事ばかりであって。自然にできる事でもなく。

                 

                経済状況、時間の配分、手軽さ、誘惑、付き合い、家族間・・・

                 

                健康でいる為、向上心を持って前向きに楽しく生きて行く為には、

                 

                食事はとっても重要で。その食事を気を付けられる環境を整える事も本当に大切。

                 

                昨日は改めて、考えさせられて。重要視する内容は、生きていく上で本当に沢山あって。

                 

                mitsue

                posted by: mitsue | 感じたこと | 00:00 | comments(0) | - |
                砂糖・果糖はミネラルを阻害する
                0

                  砂糖はミネラルやカルシウムを阻害し落ち込む

                   

                  砂糖はミネラルの排泄を促す、阻害する事はよく聞く話だと思う。

                   

                  ビタミン・ミネラル・カルシウム・・・

                   

                  砂糖の過剰摂取は、様々な弊害を引き起こす。

                   

                  ビタミンB1の排泄を促してしまう砂糖は、摂取すると感情が不安定になって行く。

                   

                  集中力も定まらない。決断も出来なくなって・・・

                   

                  鉄分も、排泄しちゃうとなったら、貧血にもなる。

                   

                  その内容は、昔から知識で持っていたが、昨日発見した事・・・

                   

                  それは、砂糖と言う化学物質だけではなく、自然の『果物』でもそうなってしまうと感じた。

                   

                  これは、自分の身体で感じている事だから、一概には言えない。

                   

                  秋になって、リンゴや柿が美味しくて美味しくて、一週間前から過剰に食べてしまった。

                   

                  昨日血液を摂取し、ヘモグロビン値が激減していたのを目の当たりにした・・・(◎_◎;)

                   

                  それに伴い、集中力の低下、判断能力、落ち込み、孤独感、貧血・・・

                   

                  ヤバイヤバイ・・・果物だと言えども、自分にとっては、砂糖と変わらない。

                   

                  昔、友人から聞いた。砂糖と果糖は、(佐藤と加藤って、PCで変換されて笑ってしまった)

                   

                  同じものだと言う。今思い出した!!

                   

                  自然であれ、甘い物は、幸福ホルモンは出るに違いないが、

                   

                  それに伴う弊害が否めないので、少量に留める努力をしなければならない。

                   

                  今、落ち込んでいる・・・甘い誘惑、甘い考えに、翻弄されてはならないと・・・

                   

                  自分を律していかねば・・・( ;∀;)

                   

                  mitsue

                  posted by: mitsue | 感じたこと | 00:00 | comments(0) | - |
                  それになると思い込む
                  0

                    無理だと思っているからそのまま

                     

                    無理だと思う事が、手に入れなくしている。

                     

                    色んな本に書いている。日本って、世間体が大事とか、我慢する事が美徳とか。

                     

                    無理じゃない事も、我慢して持続させて、そのままの状態を保たせる。

                     

                    最近は、動きやすい世の中になっては来ている。

                     

                    もっと動いたらいいのに。それしか知らない場合はもっと他も大きな視点で扉を開けてみて。

                     

                    狭き門しか知らないと損をしている。言われた通りに学んだ通りに思い込む。

                     

                    言われてもいない事をしてやろうと思ってみると、意外と出来たりする事もあって。

                     

                    初めから無理と思う事を止めて、初めから絶対に出来ると思う事を選択して。

                     

                    日本人は出来ない事から考えている。出来ると信じるから出来るし。

                     

                    色んな人に言って来た。絶対に出来るからやったらいいじゃないって。

                     

                    それを実行した人はどんどん自分のやりたい事をやっているし、

                     

                    やりたいといってもやらない選択をした人は、ずっとそのまま手に入れない人生に。

                     

                    あれ程言ったのに、そこに居る選択をするのは何故なんだろう。そのままの選択をして、

                     

                    私から離れて行くのはどうして。と思っていたのだけれど、今は・・・

                     

                    昔と同じことを言って、動く選択をする人が多くなってきた。どんどん始めてみると

                     

                    それになったと、それになりきったと、決めつけて。

                     

                    勝手に進んで行っちゃうんだ。全部をそれにする。ちっちゃい事も、大きい事も。

                     

                    健康とか、見た目とか、考え方とか、家族とか、仕事とか、趣味とか、

                     

                    どんどん変わって行っちゃって。今まで信じていた事は、何だったんだろうって。

                     

                    信じていた事は、実行したとたんに、信じなくても勝手に手に入って行って・・・

                     

                    健康法も、体系も、運動も、仕事法も、家族の愛も、若々しくある事も、

                     

                    何もしなくても手に入って行く。

                     

                    やりたい事、目標、それになると思い込んだら、潜在意識に落とし込んだら、

                     

                    勝手に進んで行く・・・

                     

                    mitsue

                    posted by: mitsue | 感じたこと | 00:00 | comments(0) | - |
                    潜在意識を落とし込む
                    0

                      潜在意識は人生にとっても重要な役割を果たす

                       

                      人間って、思っている事しか実現しない。

                       

                      思っているし、当たり前だと思っている事が、そうなって行く。

                       

                      自分はアトピーで苦しんだ。そして綺麗になるという決断をして、お肌が綺麗になった。

                       

                      健康も、体系も、仕事も、友人も、近くに居る人達、皆、理想になった。

                       

                      初めは全くそうではなく、実現する為に、脳を洗脳していく。

                       

                      潜在意識について学んだ日から、毎日毎日、ノートに書きこんだ。

                       

                      理想の人、理想の自分、理想の仕事、理想の生活・・・・

                       

                      何百もノートに書きこんで。自分の脳に落とし込む作業をした。

                       

                      ナポレオン・ヒルの『思考は現実化する』をひたすら読み、教材も沢山買った。

                       

                      本当に、理想的。まだもっと理想はある。理想を落とし込んでいる。

                       

                      だから、いつかは気が付いたら出逢っている・・・不思議なことが起きてくる。

                       

                      もっと大きな大きな、『夢』が沢山あって。壮大な事を人に語っている。

                       

                      今、見えて来た。次のかっこいい『自分』の姿が。

                       

                      潜在意識は、確実に夢に向かえる。

                       

                      mitsue

                      posted by: mitsue | 感じたこと | 00:00 | comments(0) | - |