その朝お母さんが亡くなった
0

    今日の朝、お母さんが死にました・・・と

     

    神奈川でのgenuineのお客様の話。

     

    高校生のお母さんは、私のお客様。

     

    そのお母さんの高校生の娘は、カットの予約を前々からしていた。

     

    その予約をキャンセルする事なく、その日ここに来た。

     

    忘れもしない・・・私の人生の中で忘れる事のない衝撃の一日だった。

     

    朝10時・・・うつむき加減で笑顔を見せないお客様は、

     

    何も言わずに席に座った。カットのデザインを聞いて切り始める。

     

    話しかけてもきちんと対応するけど、元気がないのに気になって、

     

    『何かあったの?』聞いてみた。

     

    『今日の朝、母が死にました。』

     

    何が何だか分からず・・・『え?』

     

    暫く何も言えなかった。『何で来たの?』『予約していたから。』

     

    今思い出すと辛い。こんな律儀な人間は見た事がない。

     

    原因も何も聞いていない。聞けなかった。自分が高校生だったらと考えた。

     

    多分、人は、本当に重大な事に、大事な事に、反応ができないのかもしれない。

     

    受け止められない。想像を絶する境遇は余り経験ができない。

     

    私は、今日の予定だけ聞いた。『この後、叔父さんが迎えに来て・・・』

     

    『そっか・・・』淡々と作業をした。何をしたのか全く記憶がない。

     

    そのお母さんの事も、その子のお姉さんの事も、お客様だから、

     

    その子の未来まで、余計な事まで頭をよぎった。

     

    その子には何も触れなかった。私が、悲しむ必要があるのか。

     

    私は何も出来るはずがない。その時間が淡々と過ぎた。

     

    人の感情に簡単に入り込める時は、その事について、それ程真剣に考えていないのだろう。

     

    自分が人生で一番苦しかった時は、私の一番の友人は、傍に居て何も語らなかった。

     

    淡々と、時が過ぎたのを想い出す。

     

    その人の事なんて分かってあげられる筈はない。答えは出ない。出さなくていい。

     

    人の感情に簡単に入り込む事は、無神経に過ぎない。

     

    その感情は今でもこれからも、忘れる事はできない。

     

    mitsue

     

    http://genuine-salon.jp

    posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
    手に入れても手に入らない
    0

      欲しい物を手に入れても満足を手にする事はできない

       

      ジョン・レノンの言葉

       

      『ビートルズは成功し、ツアーをやめ、欲しいだけの金や名誉を手に入れ、

       

      最後に、自分たちは何も手にしていないことに気づいた。』

       

      そう。気付いたわ。

       

      手に入れようと無我夢中の時は楽しいもの。

       

      必死になっている時は幸せなのだろう。

       

      それが、消えて無くなる物と知った時、

       

      何の為なんだろうと自問自答する。

       

      落ち込んだ。めっちゃ落ちた。

       

      そして諦めた。

       

      消えて無くなるこの世の中の幻想に、

       

      わざとわざわざ付き合ってみよう。楽しんでみよう。と。

       

      やりたい事はやりたくない事。

       

      やれる事はやりたい事に入らない。

       

      出来ない事が、やりたい事。

       

      だから、やりたくない事、出来ない事を探そう。

       

      難しい事、未知の世界に飛び込もう。

       

      いずれは消えて無くなる事だけど、

       

      暇だからさ。

       

      mitsue

       

      http://genuine-salon.jp

      posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
      ノンデュアリティを学んで
      0

        ノンデュアリティを知ると本当に楽

         

        ノンデュアリティ(非二元)論とは、

         

        『起きている事が起きているだけ』

         

        『起きる事しかない』『分離していない』

         

        『ある事がある』『時間も空間もない』

         

        何かを判断する際に、こちらとこちらがあるから…

         

        と判断するより、起きる事が起きる。

         

        どちらでも良い。そんなかな。

         

        考える時は、常に分離している。

         

        過去や未来。損と徳。お金と貧乏。病気と健康。

         

        いつも分離して考えている。

         

        その考えが生命力となるのだろうけど、

         

        疲れる。

         

        勝手に起きる事が起きるから、そのままにしてみよう。

         

        何か判断する際に、ほおっておけば動き出す。

         

        『ノンデュアル』を知って。

         

        何も考えなくなった。考えてもそれによって感情が伴わない。

         

        起きる事が起きているだけだから。良いも悪いもない。

         

        楽になった。悩んだ事もそれも起きた事。

         

        これからもとにかく『今』に起きる事を見続けるだけ。

         

        チャンチャン

         

        mitsue

        http://genuine-salon.jp

        posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
        悩む事が無くなるとつまらない
        0

          悩みが無くなると本当にやる事ない

           

          悩みしかないと言う位、毎日四六時中悩んで。

           

          もがき苦しみ、身体中が蝕まれ。

           

          悩むと顔が浮腫み、肌が荒れ、頭痛や食べた物によって左右される身体。

           

          悪戦苦闘していたのに…

           

          あれ程悩んで苦しい思いをしたのを、

           

          一瞬で忘れるの。思い出そうとするから想い出す。

           

          今、何もかも悩みにならない。

           

          何かはある。常に事件も起きる。

           

          ただ、平常心。

           

          そんな探求が終わってしまった今、

           

          何もやることがなくなった。

           

          やることはある。やろうとする気がない。

           

          やってもいい。そのくらいの気持ち。

           

          悩みはあったほうが良いのか。そう今は考える。

           

          悩みは、生き甲斐。生命力。

           

          夢は叶う前が良い。

           

          mitsue

           

          http://genuine-salon.jp

          posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
          起きる事は完璧に
          0

            完璧に起きるこのストーリー

             

            自分の過去が本物なのかはどうか分からないけれど、

             

            自分の過去を考え耽っていると、

             

            明らかに完璧に物事が起きている事に気付く。

             

            こうならないと、こうならなかった・・・

             

            あれがあったから、これになった・・・

             

            何だかんだ、完全に物事が進んでいる。

             

            今の現状を見ても、決して理解できない出来事。

             

            全体を見ると、完璧だと言う事。

             

            何であの時こうしなかったのだろう・・・って

             

            思ったとしても、それが完璧に進んで行く。

             

            病気や怪我、事故や事件も、同じことが言えるのだろうか。

             

            それらも、全体から見ると、完璧。

             

            それによって、相手は救われている。

             

            自分も感謝出来るようになる。

             

            恨み?何で妬むの?それもまた完璧。

             

            恨みも妬みも、いずれは消えていく。

             

            出来事は、完璧なストーリー。

             

            mitsue

             

            http://genuine-salon.jp

            posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
            整形の顔を触った
            0

              整形したての顔はパンパン

               

              ビックリした。

               

              1か月前に鼻のプロテーゼ。

               

              顎の整形、二重瞼。

               

              3日前に、おでことほっぺのヒアルロン酸。

               

              そんな二十歳の女の子。

               

              前髪を触るだけで、痛がっていた。

               

              見るもパンパンな顔で、痛々しい。

               

              顔を触らせて貰った。

               

              今まで女性の顔はメイクで触ってきたので、

               

              感触の違いに驚愕した。

               

              初めての感触。

               

              昔の写真を見せて貰う。

               

              昔の方が良い。可愛くて、何も問題ない顔。

               

              何で百万以上払って、そんな事。

               

              人それぞれの価値観だけど、その女の子は、

               

              後悔していた。

               

              お金が無くて、嫌な夜の仕事をしなきゃならない。

               

              色々お話を聞いてあげた。

               

              問題は『心理』。それを変えてあげたかった。

               

              自尊心を持つ事の重要性。もっと伝えたかった。

               

              もうどこにいるか分からない。

               

              辛かったな。

               

              mitsue

               

              http://genuine-salon.jp

              posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
              引き寄せの法則はなかった
              0

                引き寄せは噂だった

                 

                2007年から、『引き寄せの法則』の本を、

                 

                貪る様に読んだ。そして、信じた。

                 

                自分の行いや、信じる事、感じる事を

                 

                見直して気を付けながら願っていた。

                 

                そして、幾度か願いが叶い始め、

                 

                夢も望んだ事も叶った。

                 

                信じて疑わなかった。

                 

                そして今、『引き寄せの法則』など無かった。と悟る。

                 

                『起きる事が起きている』だけ。一瞬で消えて無くなる。

                 

                物語の一環でしかない。

                 

                願った事が叶う事もある。叶わない事もある。以上。

                 

                『出逢いも必然』と思っていたけれど、

                 

                それも『起きている』と判断した方が、

                 

                『重要視』『意味付け』しなくて済む。

                 

                (出逢わなかったら分からない事しかない)

                 

                意味を持った方が、感動するかもしれない。

                 

                意味を価値を持つと、無くした時に、悲しい。

                 

                良い事も、悪い事も…

                 

                いずれは、必ず消えてなくなるから。

                 

                mitsue

                 

                http://genuine-salon.jp

                posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
                『メタ認知』能力を高める
                0

                  『メタ認知』?

                   

                  メタ認知とは?

                   

                  メタ認知とは自分をどれだけ知っているか。

                   

                  メタ認知とは、認知過程及びその関連事物に関する自分自身の知識を指す。

                  例えば、私がKよりもTの方が学習が困難であると気づいたり、

                  Sが事実であると認める前にそれについて再確認しようと思いついたとしたら、

                  それはメタ認知を行っているということになる。

                   

                  メタ認知は思考過程において重要な役割を担っている。

                   

                  例えば、学習する際にその課題に対しどのように立ち向かうか、

                  課題に取り組む上での動機づけなどがメタ認知的なスキルになる。

                  このスキルを身につけていないと仕事や勉強の成績UP、効率UPが難しくなる。

                  また、自分の意思を決定する過程で思考活動に意識を向けるためにも

                  メタ認知的知識が関係する為、意思決定するには重要な能力と言える。

                   

                  メタ認知能力が高いということは、自己の情動や思考の活動を客観的に捉えて評価し、

                  制御する能力が高いということ。
                  つまり、自分のことを客観的に観察し、相手への気配りができるので、

                  適度な距離感を保ちながら付き合っていくことができる。

                   

                  自分の行動に意識を向け、できること、できないことを知る。

                  メタ認知能力を鍛えるために、無意識に行っていたことも、

                  それが何なのか意識を向けることで、自分にできること、

                  できないことを把握することが大切。
                  自分の能力に目を背けず、現状の能力の限界を知ることで、

                  衝動的にならず次の行動に移る際に選択することができるようなります。

                   

                  自分の欲求を知り、やりたいこと、やりたくないことを区別する。

                   

                  自分の心と実際の行動とを結びつけるために鍛える練習。

                  自身をモニタリングし、コントロールすることができるようになれば、

                  周りに左右されずに冷静な判断を下すことができる。
                  その行動が正しかったか、正しくなかったかを客観的に分析して、

                  評価し、改善していくようにする。

                   

                  自分の内側の感情をアウトプットし、客観的に自分を見つめ直すことが重要。
                  自分の気持ちや考えを日記やブログで文字に起こすことで

                  自分の状態を客観的に把握することができる。

                   

                  mitsue

                   

                  http://genuine-salon.jp

                  posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |
                  思考は現実化するのではなく一つのストーリー
                  0

                    思考は夢

                     

                    ナポレオン・ヒル著の『思考は現実化する』

                     

                    何年も読み返し、思考は現実化するものだと信じて疑わなかった。

                     

                    今も巷で良く聞くセリフ。

                     

                    思考は現実化した事が沢山あった。思った事・願った事が叶った。

                     

                    それはただ、思った事を『実践』しただけ。

                     

                    『行動』に移したら、夢は叶うもの。

                     

                    いや夢じゃなくて、やりたいからやっただけ。

                     

                    それを、夢が叶ったと思っていた。

                     

                    それって、一つの『ストーリー』に過ぎなかった。

                     

                    一つのストーリーである、『一冊の本』に纏められたモノだけの事。

                     

                    一冊の本を、本棚にしまう。

                     

                    そして、また一冊の本が出来、それをしまう。

                     

                    その『本棚』が一種の『過去』の出来事になって行く。

                     

                    大事ではなく、失敗や成功ではなく。

                     

                    ただの『ストーリー』・・・

                     

                    悲しい?

                     

                    寂しい?

                     

                    ほっとする?

                     

                    安心する?

                     

                    mitsue

                     

                    http://genuine-salon.jp

                    posted by: mitsue | 学んだ事 | 00:00 | comments(0) | - |