キラーストレスΑ悒譽献螢┘鵐后
0

    ストレス対処能力と遺伝

     

    日常に立て続けに起こるストレスやマインド・ワンダリングによって蝕まれる脳。

     

    しかし、同じストレスがかかっても、ストレスに強い人と弱い人が居る。

     

    最新の研究結果を調べると、ストレスに対する強さ・弱さは、

     

    『レジリエンス』(ストレス対処能力)と呼ばれている。

     

    ユタ大学で精神神経医科学を研究するブライアン・ミッキーは、ストレスへの強さ・弱さ

     

    を左右する要因として『NPY』(神経ペプチドY)と呼ばれる神経伝達物質に注目している。

     

    生まれつきNPYが多い体質の人と、少ない体質の人が居ると。実験で58人の被験者に

     

    「殺人者」「怒り」等の否定的否言葉をモニターで見せストレスを与える。

     

    その時の脳の反応を測定。結果は、NPYが少ない体質の人は網が敏感に反応し、

     

    NPYが多い体質の人は、殆ど反応しないものだった。

     

    様々な実験を重ねる事で、ミッキー氏は「NPYの差は、遺伝によるもので、

     

    ストレスに強い・弱いは、生まれつきある程度決まっている。」と。

     

    ストレスへの対処能力の差は、ストレスに関わる物質がどれだけ体内で生成されるかによって

     

    決まり、それは遺伝によって左右される生まれつきの個性であることが見えてきた。

     

    とは言え、レジリエンスを決定付ける要因は複雑で、遺伝はあくまでその一部に過ぎない。

     

    例えば、「生まれ育った環境〜生育環境」も、重要な要因だと言う事が指摘されている。

     

    イギリスで1958年のある1週間に生まれた子供18,000人を、

     

    現在に至るまで60年近く調査し続けた研究。この中から「いじめ」の強いストレスを体験した

     

    子供と体験しなかった子供がその後、大人になってからどのようになったか。

     

    子供の頃に頻繁にいじめを体験すると、大人になって鬱病を発症したり、自殺を考えたりする

     

    傾向が強い事が分かった。そのリスクはおよそ『2倍』。

     

    言い換えれば、子供時代に極度のストレスを体験すると、その影響が大人になって

     

    『ストレスに弱い』と言う形で現れる可能性が示される。

     

    幼少期のいじめと言う心理社会的なストレスが、40年50年人生に影響を及ぼす事。

     

    続く・・・

     

     

    posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
    キラーストレスァ悒泪ぅ鵐鼻Ε錺鵐瀬螢鵐亜
    0

      ストレスを悪化させる『マインド・ワンダリング』

       

      慢性的にストレス反応を起こし悪化させる原因が、私達に備わっている

       

      『記憶力』や『想像力』だから何だか愕然。例えば職場で上司に激しく叱責されると言った、

       

      ストレスにさらされた場合、家に帰って上司が居なくてもその場面を思い出してしまう。

       

      そしてまた怒られないかと起きえない事も想像したり。

       

      脳は、その都度、ストレスを感じて、ストレス反応を起こしている。つまり脳の中で

       

      『自ら』

       

      ストレスを生み出している。

       

      この様に、目の前の現実だけではなく、過去や未来にあれこれ考えを巡らせてしまう状態を

       

      『マインド・ワンダリング』(心の迷走)と呼ぶ。

       

      2010年心理学者マシュー・キリングスワースらが行ったマインド・ワンダリングに関する

       

      大規模な行動心理調査の結果、生活時間の実に47%、マインド・ワンダリングの状態だと。

       

      つまり起きている時間の半分近く、私達はストレスを感じる状態にに自分で起こしていると。

       

      『人間は考える動物』である。過去から教訓を得て未来に備える事で

       

      大きな進化を遂げてきた。

       

      しかし皮肉な事に、こうした活動こそが脳を蝕むストレス反応を悪化させているのだ。

       

      さらに、マインド・ワンダリングの危険性をどんどん加速させている、現代社会に特有の

       

      『スマートフォン』

       

      少しの空き時間があると、スマホでSNSをチェック。そこで目にする情報は、

       

      思考を回転させる。そして色んな事を想像し、過去や未来へと彷徨う。

       

      人類の進化と発展に伴い、私達は無意識のうちに、膨大かつ継続的なストレス状態であり、

       

      それが過剰になった時、脳が「破壊」されてしまう事を肝に銘じなければならないだろう。

      posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
      キラーストレスぁ愬召鯒鵬する』
      0

        心の不調は『脳』に影響が及んでいる・・・可能性を疑え

         

        「心が重たくて会社を休みたい」「仕事から帰っても気持ちが塞がっている」

        「何もする気が起こらない」

         

        気持ちが暗く沈んでいる時、普通「心の問題」だと捉える。

         

        私達は職場や家庭の中で、積み重なったストレスを、精神的な心の問題として

         

        片付けているが、この時『脳』の臓器に“物理的に”影響が及んでいる事が

         

        明らかになってきた。心や身体に影響を及ぼすストレスは、

         

        『頑張るストレス』と『我慢するストレス』に分けられる。

         

        『頑張るストレス』では主に「身体」のストレス反応が強くなり、

         

        『我慢するストレス』では主に「心」のストレス反応が強くなることが分かっている。

         

        多くの人は日常的に、与えられた沢山の課題と戦っている。こうした状況にさらされると、

         

        複数あるストレスホルモンの中の、アドレナリン等が過剰分泌される。それが絶え間なく

         

        大量に分泌されると、血圧の上昇等様々な身体的反応に繋がっていく。

         

        ストレスホルモン「コルチゾール」は、副腎から分泌されると、血流にのって

         

        体内を循環しながらエネルギー源の補充などの重要な役割を果たす。

         

        役割を終えると脳にたどり着いて脳に吸収される。これが正常なストレス反応の流れである。

         

        所が、『我慢するストレス』状態が積み重なっていくと、コルチゾールが止めどなく

         

        分泌されてしまう。こうなるとコルチゾールが脳に溢れて、その一部を蝕む。

         

        『脳が物理的に蝕まれる・・・』

         

        鬱病患者の脳の画像は、海馬が委縮し、脳の中に隙間が出来、それが虫食いの様に見える。

         

        海馬は脳の中でも、記憶や感情に関わる重要な部分。ストレスが積み重なり長い期間

         

        持続すると、ストレスホルモンが海馬を傷害する。それが強くなってくると、

         

        鬱病の症状が出てくる可能性があるとの事。

         

        現代社会において、起きてから寝るまで職場や家庭の中で生まれる精神的負担が

         

        神経を擦り減らし、ストレス状態が休む間もなくスイッチオンの状態で生きている。

         

        太古の昔には想定されていなかった絶え間ないストレスが、コルチゾールの過剰な分泌を

         

        引き起こし、脳を蝕んでいく・・・

         

         

        posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
        キラーストレス『ストレスホルモン』
        0

          ストレス反応のメカニズム

           

          私達人間が、恐怖や不安を感じると、『扁桃体』が興奮を始める。

           

          その扁桃体から「恐怖や不安に対処せよ」という指令が、脳の「視床下部」に伝えられる。

           

          視床下部は大脳の奥深い場所にある「間脳」と呼ばれる部分にあり、自律神経や

           

          ホルモンの分泌、情報伝達に関わっている。次に指令は「副腎」に届く。

           

          すると副腎は「ストレスホルモン」と呼ばれる物質を分泌し始める。

           

          コルチゾール・アドレナリン・ノルアドレナリン・と言ったホルモン群。

           

          副腎から分泌されたストレスホルモンは、血流にのって全身を駆け巡り、

           

          体内の様々な臓器に指令を伝える。その一つが「心臓」。指令を受けた心臓は、

           

          心拍数が増えて、血圧が上昇する。その結果、『心臓がバクバクする』『ドキドキする』

           

          状態になる。さらに指令は自律神経(交感神経・副交感神経を合わせた神経系の総称)にも

           

          伝えられる。よく「緊張させる神経」「リラックスさせる神経」と言う言い方をするが、

           

          自律神経は身体の隅々まで張り巡らされていて、

           

          臓器だけでなく末端の血管まで絡みつくようにして存在している。

           

          扁桃体からの指令を受けた自律神経は、全身の血管をぎゅっと締め上げる。

           

          その結果、血管が細くなり、血圧が急激に上昇するのである。

           

          その一方で、血中にストレスホルモンが増えると、血小板同士が結合し、

           

          血液が固まりやすくなる。これに加えて、肝臓に溜め込まれている糖分が、血液中に

           

          放出されると言った反応も起こる。

           

          『ストレス反応』とは、多くの臓器や組織が関係する複雑な反応である事を理解した上で、

           

          自分達、家族、人間関係についての行動も考えなければならない。

           

          mitsue

          posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
          キラーストレス◆悒好肇譽紅娠』
          0

            『ストレス反応』

             

            『ストレス』によって、引き起こされる反応は、私達が進化の過程で獲得してきた

             

            「身を守る仕組み」である事が明らかになっている。

             

            数万年前、私達の祖先が狩猟で生きていた頃、周囲には多くの天敵、

             

            どう猛な動物にいつ襲われるか分からない状況。この様な追い詰められた場面で

             

            発揮した「ストレス反応」。人間の身体は危険に遭遇した時、心拍数が増え

             

            血圧が上がるようにできている。また肝臓から糖が放出し血糖値が上昇すると

             

            エネルギー源が全身に供給される。闘う姿勢、逃げる態勢が瞬時に準備される。

             

            ストレス反応とは、私達の祖先が、「命を繋ぐ為に進化させた大切な身体の機能」

             

            だった。ストレス反応って素晴らしい仕組みと言いたいが・・・

             

            今現代は、猛獣のような天敵は居ない。

             

            この天敵相手に働いていた、恐怖や不安を感じると反応する仕組みが、私達の身体に

             

            今もなお残っていて、精神的な重圧を感じた時に働くようになっている。

             

            続く・・・

            posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
            ライフイベントチェック『キラーストレス』
            0

              健康を害する『ライフイベントチェック』

               

              『結婚』や『昇進』が健康に悪影響を及ぼすなんて、悲しい・・・

               

              1960年代、精神科医トーマスとリチャードは、ストレスや健康問題の疫学的研究に

               

              単純な尺度を開発しました。

               

              『ストレスは様々なライフイベントによって、日常的な行動が妨げられる事から生じ、

               

              健康問題に影響を与える』

               

               

              ●判断基準
              1年間で起きた出来事をすべて選び出し、点数を合計してください。
              合計点数が260点以上なら要注意。
              300点以上なら病気の可能性ありという判断基準が設けられています。

               

               

              ストレス得点

               

               

              しかし、この尺度には効果的な側面と問題点があります。

               

              例えば、夫が亡くなった場合では、長年病気で苦しむのを見てきて、

               

              妻は悲しむと同時に、愛する人が苦しみから解放される事に

               

              安らぎを感じる場合もあります。一方、突然事故などで夫を失って悲しみに

               

              暮れる妻もいる事です。同じ出来事でもストレスレベルは異なるはずです。

               

              配偶者の死と引越しは、スコアが高くなりますが、配偶者との想い出のある土地を

               

              離れる事によって、悲しみから生じるストレスも減らせる人もいるはずです。

               

              ライフイベントは、それぞれが独立しているのではなく、幾つも重なり合い、

               

              成り立っているのです。尺度も、出来事の関連性を考慮しなければなりません。

               

              続く・・・

               

              mitsue

               

              http://genuine-salon.jp

              posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | comments(0) | - |
              ファンデーションが「浮く」のは自然
              0

                『ファンデーションが浮く』って良い事だと思う

                 

                小さい頃からアトピーに悩まされたので私は、肌に付ける物を

                 

                肌に付ける前に実験をする事が多くなりました。

                 

                常識的で巷で良く聞くセリフには、

                 

                「化粧水が浸透していく」

                「ファンデーションが毛穴まで入って馴染む」

                「たっぷり付けてお肌がプルン」

                 

                このようなセリフを聞くと私は怖くなってしまいます。

                 

                何もお肌には入らない物が、良い物と判断する基準です。

                 

                昔私は、自然的な化粧品を使い始めは、なんて馴染みの悪い物だろうと思いました。

                 

                ファンデーションが浮くし、化粧水は肌に弾く。使い難くて仕方がなかった。

                 

                何でも結果が早く出るものは、信用しない主義なので、お肌自体には何も

                 

                問題なかったので、使用し続けました。その結果今は、

                 

                浸透しない・・・馴染まない・・・浮く・・・と言う不便な物が、

                 

                健康的で純粋で自然な物だと信頼しています。安心しお肌に付け続けられています。

                 

                美しくなる秘訣は、手っ取り早い方法ではないと思います。

                 

                固形のファンデーションは、指でティッシュに付けてみます。馴染みが良い物は、

                 

                ケミカルな物が入っていると判断します。他の化粧品も同様ティッシュで実験をします。

                 

                お肌に毎日付ける物や食べ物等、健康美を知識として持っておくと、

                 

                将来お金のかからない方法で綺麗で健康で若々しく居られる事が出来ます。

                 

                健康も美しさも、簡単な安易な生き方では勝ち取れないのですね。

                 

                手間暇&知識で、良い物を使用し、安心して美を手に入れられると良いですね。

                 

                mitsue

                 

                http://genuine-salon.jp

                posted by: mitsue | お化粧品 | 00:00 | comments(0) | - |
                自由特性理論「コア・パーソナル・プロジェクト」
                0

                  自由特性理論『コア・パーソナル・プロジェクト』

                   

                  自分や他人の性格を理解する事は、職場や家庭で健全な人間関係を築き、

                   

                  より良い人生を送って行く為に必要です。

                   

                  自分は、「外向的」に当てはまる事も多いが、根本は「内向的」な性質だと言えます。

                   

                  イベントやパーティー、SNSで盛り上がるより、一対一で話す事を好み、孤独大好きで

                   

                  一人で読書している時の方が落ち着く。

                   

                  でもお喋り自体は大好きだし、大音量で車のスピードを出して遠出するのも大好き。

                   

                  充分な心理的根拠に基づいて、自分や他人の性格特性をハッキリと理解し活かしていると

                   

                  断言できる人は殆ど居ないでしょう。

                   

                  元々「内向的」な性格の人が、「外向的」に振舞う事が出来る理由を説明できるのが

                   

                  ハーバード大学で心理学を教えるブライアン・リトル教授が提唱する

                   

                  『自由特性理論』。リトル教授は、私たち人間は固定的パーソナリティだけでは

                   

                  捉える事は出来ないと主張しています。柔軟な見解で世の中を捉え、

                   

                  時には自分の枠を超える事でより豊かな人生を歩む事が出来ます。


                  自分にとって大切なプロジェクトを追い求める事で、普段の自分を超えて

                   

                  大きな力を得る事が出来ると言うメッセージが励ましになってくれます。

                   

                  自分の取扱説明書として心理を知り、その環境に応じて演じていれば、

                   

                  相手も自分も心地よい方向へ勝手に導いて行けるようになると信じています。

                   

                  mitsue

                   

                  http://genuine-salon.jp

                  posted by: mitsue | 心理学 | 00:00 | comments(0) | - |
                  全く別人になりきる「役割固定法」
                  0

                    「役割固定法」演技エクササイズ

                     

                    自分のなりたいイメージの役柄に、徹底的になりきる為の演技エクササイズをします。

                     

                    例えば、柔らかな話し方や細やかな気配り、礼儀正しさ、謙虚さ、優雅がつ完璧に

                     

                    女優になって演じていきます。

                     

                    暫くすると、この新しい役割が自身の人生にも影響及ぼし始めるのを感じていきます。

                     

                    新しい憧れの女性は、普段の自分とは対照的です。以前では気付かなかった事が

                     

                    見えてくるようになります。人の反応も変化してくるのも感じます。

                     

                    周りの人が以前よりも熱心に話に耳を傾け、心を開き、普段と違う意見を

                     

                    求めるようになってきます。そうすると暫くの間は、以前の自分に戻りたいか

                     

                    確信が持てなくなったりします。

                     

                    「役割固定法」では、クライアントが「自分の事をどんな人間だと思うか」と言うテーマで

                     

                    考え書き出し、セラピストはこの評価の結果から、クライアントへ「未知なる自分」を

                     

                    提案する為、架空の人物像を描きます。狙いはクライアントの新しい可能性を

                     

                    引っ張り出す事です。クライアントは新たな視点で世界を見る事を学びます。

                     

                    「役割固定法」の目的は、クライアントのパーソナリティを

                     

                    恒久的に変える事ではありません。「新たな可能性」を見つけ、感じさせることなのです。

                     

                    昨日の文章に・・・

                     

                    プロセスにおいて自らが果たす役割には大きな価値がある事に自信を持ちましょう。
                     既存の物を変える事には困難や不安、危険が付きものです。
                     結局は、自らの心の声に従って何を選ぶのか、自分で判断するしかないのです・・・(>_<)  

                     

                    色んな作業をしなければならない時もあり、自分が自分らしくある事も、

                     

                    様々な変容が無ければ形成出来ない事もあります。

                     

                    時代と共に思考、価値観を変えてその都度自分の声を聴くしかありませんね。

                     

                    mitsue

                     

                    http://genuine-salon.jp

                    posted by: mitsue | 心理学 | 00:00 | comments(0) | - |
                    クリエイティブな人は敏感ゆえに幸福度が下がる
                    0

                      クリエイティブな人の知的なスタイルには、特徴がみられる。

                       

                      知的・率直・頭の回転が速い・要求が激しい・攻撃的・自己中心的・説得力がある・

                       

                      弁が立つ・自信がある・物怖じしない・悩みや不安を包み隠さずに表現する。

                       

                      クリエイティブな人は、一緒に働く人に対して要求が激しく、無自覚のうちに

                       

                      気の弱い人を怯えさせることもあります。

                       

                      クリエイティブな人は、慣習に囚われず、他社に特に好印象を与えようとも思っていない。

                       

                      その為に大きな独立性と自律性を手にしていて、自分を型破りな存在だと見なしている。

                       

                      独立した思考と行動が求められる状況ではモチベーションが高まるが、規則や慣習に伴う

                       

                      行動が求められる状況においてはモチベーションが弱まる。

                       

                      クリエイティブな人間である事は並大抵な事ではありません。

                       

                      そこには様々な負の側面があるからです。

                       

                      不安や抑うつ等の感情を覚えやすく、制御を失う事も珍しくありません。

                       

                      また慣習に従わない事で反発を食らいやすくなります。

                       

                      人は慣れ親しんだ行動を簡単には手放そうとはしません。クリエイティブな仕事には

                       

                      多くの労力を伴います。クリエイティブなプロジェクトに情熱的に打ち込めば、

                       

                      睡眠時間の減少や周囲との軋轢、健康の悪化等が生じやすくなります。

                       

                      ポジティブな面もあります。経験に対してオープンな分、一般的な人よりもポジティブな

                       

                      感情も体験しやすく、喜びや楽しさ、高揚感を味わいやすくなり、それにより否定的な感情を

                       

                      埋め合わせます。解決できなかった問題を解決できた時の高揚感は、

                       

                      さらなるクリエイティビティを追求しようとする動機付けに繋がり、

                       

                      内発的な動機は、誰かから指示をされた場合と比べて遥かに大きなもので

                       

                      ある事が分かっています。

                       

                      クリエイティブな人は一般人なら無視したり気付かなかったりする様な感覚やイメージ、

                       

                      思考に対してオープンで敏感ですが、その為に苦しみを味わったり

                       

                      人間関係に摩擦が生じたりする事もあります。

                       

                      プロセスにおいて自らが果たす役割には大きな価値がある事に自信を持ちましょう。

                       

                      既存の物を変える事には困難や不安、危険が付きものです。

                       

                      結局は、自らの心の声に従って何を選ぶのか、自分で判断するしかないのです・・・(>_<)

                       

                      mitsue

                       

                      http://genuine-salon.jp

                      posted by: mitsue | 心理学 | 00:00 | comments(0) | - |