New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
RSSATOM
サイコパス◆4%の存在の恐怖』
0

    25人に一人が良心を持たない

     

    アメリカでは4%のサイコパスが居る。

     

    自分の周りにはサイコパス的な人間は沢山居た。完全なるサイコパスな人物にも出逢った。

     

    だから興味と、知らねば生きていけないものがある。

     

    トラウマ(心的外傷)を抱える患者達は、慢性的な不安、無気力な鬱状態、統合失調症的な

     

    精神状態に苦しむ。中には地震や戦争など、天災や人災でトラウマになる人もいるが、

     

    大半は、“悪意の個人”によって支配され、精神的に蹂躙された人達が多い。

     

    悪意の個人はサイコパスである事が多く、しかも大抵は他人ではなくサイコパス的な“親”

     

    “年上の親族”あるいは“兄弟”だと言う事。

     

    身近に居るサイコパスによって与えられる傷は深くて治りが遅い。

     

    人間社会にかなりの割合で存在するサイコパスは、この地球上で生きている他の人々に

     

    深刻な影響を与える。4%の存在によって、人間関係・財産・功績・自尊心・平和な生活が

     

    奪われてしまう。多くの人はこの障害について知らず、知っていても暴力的な

     

    反社会性人格障害に限られる。

     

    普通の人は、身近に居る大勢の非暴力的なサイコパスに気付かず、

     

    見分ける事が出来ない。彼らは、目立つほど法律を破ったりしないので、

     

    司法機関も手出しができない。

     

    自分の行動が、社会・友人・家族・子供達に及ぼす影響を完全に“無視”出来る状態とは・・・

     

    経験もない事を想像すらできないだろう。近いのは、余りに肉体的苦痛が強すぎた時に、

     

    理性の働きや行動が一時的に麻痺するかもしれない。

     

    だが苦痛の中にさえ罪悪感は入り混じる。完全なる罪悪感の欠如は想像を超えている。

     

    私達にとって、良心は求めたわけでなく、生まれた時から備わっている。

     

    サイコパスの罪悪感の欠如は、医学的概念としても捉えにくい。

     

    ブリティッシュコロンビア大学の心理学教授ロバート・ヘアは、自分の患者について、

     

    「彼らには専門家も含めて誰もが騙され操られ、甘言に乗せられ、目もくらまされる。

    優秀なサイコパスはどんな相手の琴線にも触れる事が出来る。」とこう書いている。

     

    ハーヴェイ・クレックレーは、「彼らにとって美しさ・醜さ・そして善・悪・愛・恐怖・

    ユーモア等はごく表面的にしか意味を持たず、彼らを動かす力にはなりえない」と・・・

    posted by: mitsue | サイコパス | 00:00 | comments(0) | - |