キラーストレス『ストレスホルモン』
0

    ストレス反応のメカニズム

     

    私達人間が、恐怖や不安を感じると、『扁桃体』が興奮を始める。

     

    その扁桃体から「恐怖や不安に対処せよ」という指令が、脳の「視床下部」に伝えられる。

     

    視床下部は大脳の奥深い場所にある「間脳」と呼ばれる部分にあり、自律神経や

     

    ホルモンの分泌、情報伝達に関わっている。次に指令は「副腎」に届く。

     

    すると副腎は「ストレスホルモン」と呼ばれる物質を分泌し始める。

     

    コルチゾール・アドレナリン・ノルアドレナリン・と言ったホルモン群。

     

    副腎から分泌されたストレスホルモンは、血流にのって全身を駆け巡り、

     

    体内の様々な臓器に指令を伝える。その一つが「心臓」。指令を受けた心臓は、

     

    心拍数が増えて、血圧が上昇する。その結果、『心臓がバクバクする』『ドキドキする』

     

    状態になる。さらに指令は自律神経(交感神経・副交感神経を合わせた神経系の総称)にも

     

    伝えられる。よく「緊張させる神経」「リラックスさせる神経」と言う言い方をするが、

     

    自律神経は身体の隅々まで張り巡らされていて、

     

    臓器だけでなく末端の血管まで絡みつくようにして存在している。

     

    扁桃体からの指令を受けた自律神経は、全身の血管をぎゅっと締め上げる。

     

    その結果、血管が細くなり、血圧が急激に上昇するのである。

     

    その一方で、血中にストレスホルモンが増えると、血小板同士が結合し、

     

    血液が固まりやすくなる。これに加えて、肝臓に溜め込まれている糖分が、血液中に

     

    放出されると言った反応も起こる。

     

    『ストレス反応』とは、多くの臓器や組織が関係する複雑な反応である事を理解した上で、

     

    自分達、家族、人間関係についての行動も考えなければならない。

     

    mitsue

    posted by: mitsue | キラーストレス | 00:00 | - | - |