New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
RSSATOM
全く別人になりきる「役割固定法」
0

    「役割固定法」演技エクササイズ

     

    自分のなりたいイメージの役柄に、徹底的になりきる為の演技エクササイズをします。

     

    例えば、柔らかな話し方や細やかな気配り、礼儀正しさ、謙虚さ、優雅がつ完璧に

     

    女優になって演じていきます。

     

    暫くすると、この新しい役割が自身の人生にも影響及ぼし始めるのを感じていきます。

     

    新しい憧れの女性は、普段の自分とは対照的です。以前では気付かなかった事が

     

    見えてくるようになります。人の反応も変化してくるのも感じます。

     

    周りの人が以前よりも熱心に話に耳を傾け、心を開き、普段と違う意見を

     

    求めるようになってきます。そうすると暫くの間は、以前の自分に戻りたいか

     

    確信が持てなくなったりします。

     

    「役割固定法」では、クライアントが「自分の事をどんな人間だと思うか」と言うテーマで

     

    考え書き出し、セラピストはこの評価の結果から、クライアントへ「未知なる自分」を

     

    提案する為、架空の人物像を描きます。狙いはクライアントの新しい可能性を

     

    引っ張り出す事です。クライアントは新たな視点で世界を見る事を学びます。

     

    「役割固定法」の目的は、クライアントのパーソナリティを

     

    恒久的に変える事ではありません。「新たな可能性」を見つけ、感じさせることなのです。

     

    昨日の文章に・・・

     

    プロセスにおいて自らが果たす役割には大きな価値がある事に自信を持ちましょう。
     既存の物を変える事には困難や不安、危険が付きものです。
     結局は、自らの心の声に従って何を選ぶのか、自分で判断するしかないのです・・・(>_<)  

     

    色んな作業をしなければならない時もあり、自分が自分らしくある事も、

     

    様々な変容が無ければ形成出来ない事もあります。

     

    時代と共に思考、価値観を変えてその都度自分の声を聴くしかありませんね。

     

    mitsue

     

    http://genuine-salon.jp

    posted by: mitsue | 心理学 | 00:00 | comments(0) | - |