大豆はOK豆乳はアレルギー
0

    大豆は大好き豆乳飲んだら痒くなる

     

    大豆は食べられるけど、豆乳はアレルギーになりやすいと言う事がある。

     

    豆類は長年毎日食べ続けている。大好き。

     

    豆乳を飲んだら、色んな所が痒くなってしまう。

     

    意味が分からなかった。

     

    調べてみた。

     

    味噌や醤油、納豆、煮豆などの大豆加工食品を食べてもなんともないのに、豆乳を飲んだらアレルギー症状が出たという人がいます。

    それはなぜかというと、味噌、醤油などの大豆加工食品に比べて、無調整豆乳や調整豆乳といった「豆乳」は加工の程度が低く、また液体であるために、大豆たんぱく質が吸収されやすいからです。

    大豆たんぱく質の吸収率が約60〜約80%である大豆加工食品に比べて、豆乳、豆乳飲料や大豆を主原料とする飲料の吸収率は約90%。豆乳の場合、大豆たんぱく質がほとんど吸収されてしまうことを考えれば、大豆加工食品を食べて問題がなかったとしても、豆乳や豆乳飲料を飲んだらアレルギー症状が出たというのも不思議ではないわけです。

     

    また、大豆加工食品を食べることで発症する大豆アレルギーとは別に、タイプの違う大豆アレルギーも増えてきています。

     

    以上抜粋

     

    大豆たんぱくアレルギー??何?

     

    豆類は色んな金属類も入っている為、金属アレルギーを疑っている。

     

    色んな食べ物にアレルギーが反応していると、本当に日常大変。

     

    金属アレルギーも関係していると言う事を知らない事が多いから、

     

    知っていると気を付けて快適に生きていける。

     

    アレルギーを持ってしまった身体、何もかも吸収してしまうと言う事は、

     

    栄養もちゃんと吸収して反応してくれているという事だから。

     

    色んな意味でね。

     

    mitsue

     

    http://genuine-salon.jp

    posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |