New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RSSATOM
砂糖断ちのベジタリアンは、筋肉モリモリになる⁉
0

    ベジタリアンでも筋肉はモリモリ付くのは砂糖断ちのお蔭⁉

     

    最近ここ3週間前から、腕立て伏せをほんの1分〜2分位。それだけ。

     

    たんぱく質を、植物性食品からしか摂っていない自分の身体の変化が著しく信じられず。

     

    よくよく考えると、ベジタリアン歴10年の20代〜30代の時に、

     

    結構な運動量で筋トレも毎日。

     

    その時、筋肉が付かないのは、動物性のたんぱく質を摂っていないからだと思っていた。

     

    それが今、何度、ほんの少し、チョットだけ。筋トレしただけで、

     

    腕はモリモリ、バストアップもし、腹筋なんて、割れてしまう状況。意味が分からない!!

     

    こんなに楽に筋肉が付くなど、自分でも本当に不思議で。

     

    若い頃のあの筋トレは、何だったのだろう。

     

    結論は、『砂糖』だった。砂糖を抜いただけで、筋肉が付きやすくなるのか!?

     

    まだ分からない。この実験は、まだ3週間。

     

    砂糖断ちはもう去年から(途中1.5カ月中断)なので、身体は変化している筈。

     

    筋トレは暫く止めないと、盛り盛りして腕が太くなってしまったから。

     

    腹筋はどうして割れたのか?腕立てだけか?筋トレをしないでも、

     

    腹筋が割れているようだとしたら、これはもう食べ物でしかない。

     

    砂糖断ちの、ベジタリアンって、え??結構面白いかもしれない。

     

    この実験は結構楽しみでもある。人体実験を何年やっているのだろうと呆れている。

     

    続く・・・

    posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
    ベジタリアン正直どうでも良い話です。
    0

      正直ベジタリアンがどうした!

       

      本当は、どうでも良い話なので、ネタとしては書いてはいるけど、

       

      この様な事を考えている人もそう居ないと思っているので、書いているだけです。

       

      大したブログでも何でもない。(笑) そう、本当にどうでも良い。

       

      そんなどうでも良い事を追求している自分も、それもまた自分であり。

       

      出逢う人出逢う人が、常に変化していて、その都度、自分の価値観や感じ方、接し方、

       

      自分の性格や体つき、顔つきまで、変化している事は、気付かされる。

       

      いつも同じ環境、いつも同じ状況、いつも同じ食べ物、同じ人間関係、同じ仕事、同じ考え…

       

      そんな変わらない状況下に居るのであれば、何も変化はなく。

       

      いつも常に変化変化の日々を過ごしていると、よく見えてくる事もあり。

       

      食べ物は、如実に外見や内面等に、表される重要な分野だと思っている。日々実験。

       

      お金を掛けずに、病気を治し、皮膚を綺麗にし、体つきを変え、

       

      整形とまでは行かないけれど顔つきまで変わるのだったら、食べ物をしっかり見据えて

       

      捉えた方が良いに決まっている。

       

      たまたま、自分は、お野菜を食べる事で、全て順調に行くと言う事で、主張しているだけ。

       

      続く・・・

      posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
      ベジタリアンゾ況の変化なのか食べ物が原因なのか
      0

        環境がが変化したからなのか食べ物が変わったからなのか

         

        元々の食の志向とは?嗜好とは?

         

        同じ親から生まれても、何処の国に生まれても、

         

        食の常識はその人其々なのかと思ってしまう。

         

        一時期、ベジタリアンを超えて、『フルータリアン』の様な食生活も実行した。

         

        そんな事をしても、自分の体調は好調だったとは、何故だろう。

         

        最近、タイに行くようになって、南国フルーツが専ら恋しい今日この頃。

         

        一日フルーツだけでも大丈夫な自分の身体は、今はどういう思考なのか?

         

        何を欲しているのか。

         

        砂糖断ちをし、動物性食品が欲しなくなり、物欲や、仕事欲、色んな欲が無くなった。

         

        ついこの間まで、投資の勉強を必死にしていた時は、肉食に偏っていたのだけれど、

         

        現実的に生きる事から離れようと思った時から、

         

        (心から純粋にやりたい事をやる生活にシフトした事)

         

        食の変化?身体の変化?考えの変化?思考が変わった?

         

        動物性食品を欲しなくなる。ベジタリアン向きなのだろう。

         

        こちらの方が身体も心も気持ちが落ち着いている。と思えたのに何年要したのか。

         

        何を感じれば良いのか。自分の身体は自分の身体ではないと言う事を理解し、

         

        どうしてあげたらいいのか、必死に?考えてあげるべきなのか。

         

        『魂』と言う言葉は、良く分からないけれど、そんな目に見えない本当の“自分”は、

         

        身体ではない、この身体に備わっているだけの事なのだから、

         

        好きな物・・・食べたいもの・・・身体が喜ぶもの・・・思考が安定するもの・・・

         

        昨日書いた物から補足すると↓

         

        ・気分が良くなったり、悪くなったり→気分が安定する事

        ・モチベーションが上がったり、下がったり→常にやる気満々

        ・頭痛が発症したり→無くなったり

        ・落ち込んだり、元気になったり→常に安定的にハッピー

        ・頭が良くなったり、悪くなったり→いつもブレずに考えが安定している

        ・顔が老けたり、若返ったり→いつも生き生き潤っていて

        ・やりたい事がコロコロ変わったり→やりたい事はいつも楽しくやっていて

        ・集中力が増したり、無くなったり→集中力が安定している

         

        こういう事が出来るようになった時は、自分の身体と向き合えたと言う事になるのかな。

         

        続く・・・

        posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
        ベジタリアンの性質は先天的たべ物で人生が変わる
        0

          動物性食品を入れると自分ではなくなる経験

           

          自分とは一体何だろう。世間が決めた常識や囚われに準じて決まって行くものなのかな。

           

          本当の自分は、必ずあって、それを気付くには、深く自分を見つめなければ見えないのか。

           

          自分を知っている人は強い。何にもブレずに生きていける。

           

          そんな人も近くに居る。ただ自分は、ずっと迷走していた。

           

          その中で、食べ物については本当に悩まされた。

           

          ・気分が良くなったり、悪くなったり

          ・モチベーションが上がったり、下がったり

          ・頭痛が発症したり

          ・落ち込んだり、元気になったり

          ・頭が良くなったり、悪くなったり

          ・顔が老けたり、若返ったり

          ・やりたい事がコロコロ変わったり

          ・集中力が増したり、無くなったり

           

          沢山の事柄がある。若い頃は全く分からなかった。何で何でと追求していくうちに、

           

          食べ物によってそれらがブレて起こる事に気付かされる。

           

          沢山の時間を要した。それが理解できると、自分や生活は安定する。

           

          自分とは、自分の身体を借りただけの、ただの乗り物だと言う事。

           

          自分は何者なのか理解するのは至難の業。客観的に俯瞰的に自分を見つめる。

           

          ベジタリアン生活は十数年経験した。そして、止めて動物性食品を試してみて、

           

          自分には必要はない事が今になって確信する。

           

          ・安定している自分。

          ・やりたい事がスムーズに進む自分。

          ・気分が安定していて、体調もすこぶる好調だと言う事。

          ・仕事も楽しい、夢も叶う。

           

          続く・・・

          posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
          ベジタリアンの性質は先天的自分の性質は理解できない
          0

            自分の性質は先天的にスピ系だったんだ

             

            自分の性質、理解できない。

             

            何故にこの様な性質なのだろう。どうしてこんな体質なのだろう。

             

            不思議でたまらない自分。自分は、自分ではない。

             

            自分は誰かの身体を借りて生きているだけ。

             

            あ〜〜〜〜。

             

            最近も言われてしまった事。『頭おかしくなったんだねぇ〜』

             

            おかしいのかもしれない。普通に現実的に生きていると、そんなフワフワした、

             

            いつも笑って、いつも陽気に、何も考えていない様な、

             

            不思議ちゃんに映ってしまうのだろう。

             

            感覚でしか生きられない。それは先天的な物であるから、どうする事も出来なくて。

             

            動物性食品を食べる様になり、自分は反対に、良くない方向へ進んでしまう事になった。

             

            自分ではない、世間一般的な、常識等を重んじる世界に行く事で、

             

            自分を失ってしまって行ったストーリー。

             

            食生活で、そんなに変わるの???そう思われても仕方がない。

             

            自分でも、大声で言いたい。食べるもので、何が変わるの???本当にそう思う。

             

            ただ、何十年も生きてきて、感覚的におかしいと思う事が幾度となく起きた際に、

             

            根本的に食べ物に行き着いてしまっているという現実が、起こってしまうのだから、

             

            それはどうしようもなくて。

             

            こんな事を言っている自分も、本当におかしい人に映っているのだろう。(笑)

             

            年齢を重ね、色んな事を経験し、色んな感覚を感じ、

             

            色んな事を考えた結果でしかこの言葉は書けなくて。

             

            純粋に今、正直に、文章を書いている。バカみたいかな?

             

            続く・・・

            posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
            ベジタリアンの性質は先天的⊃∧や動物とお話しできたんだ
            0

              ベジタリアンを一時中断した事により知った自分

               

              ずっと、ベジタリアン生活を貫いてきたが、その生活を一変しようとして、

               

              動物性の物を食べようと決めた。

               

              ベジタリアンの性質とは、繊細で、純粋で、何でも受け付けてしまい、

               

              時間と空間を自由にコントロール出来たり、人の影響を受け過ぎたり、

               

              人の事が直ぐに分かったり、深く気付いたり、起こる事が予測出来たり、

               

              未来の事が見えたり、植物の主張が分かったり、動物と話せたり・・・・

               

              こんな事を言っている自分は、自分ではなくて。

               

              それは、仕方のない事であって。

               

              産まれた時から、小さい頃から、それが普通にできていた事は、

               

              それはそういう性質なのだから、仕方のない事で。どうしようもなかった。

               

              人は、そんな自分を避ける事も多く、それが辛くてと言う時期があっての、

               

              自分を変えてみようとし、お肉を大量に食べる行為を行った。

               

              今までの自分を、変えたいと思ったのだけれど。

               

              そこから数年は、今思えば、それはそれで楽しい事だったのかもしれない。

               

              それは、でも、自分ではなく、世間一般的な人間として、生きていていた様に思う。

               

              自分って、何でしょう。世間一般って、何でしょう。

               

              自分は誰なのでしょう。

               

              続く・・・

              posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
              ベジタリアンの性質は先天的
              0

                ベジタリアンの性質は産まれた時から

                 

                小さい頃から、お肉は好きではなかった事。

                 

                皆が焼肉を食べているのが、意味が分からなかった。

                 

                成人してからも焼肉屋さんに行っても、ビビンバしか食べていなかった。

                 

                マクロビにハマり、ずっとベジタリアン生活を続け、スピリチュアルに目覚め、

                 

                不思議な体験が数々と起こり始めた。有り得ない状況が、普通になっていた。

                 

                そんな自分が嫌になり。

                 

                自分の普段の感覚では、普通に生きている人との感覚と、差が生じているのに違和感を感じ。

                 

                浮いているのに気付いた時は、どうしたら良いのか悩んでいた。

                 

                いつしか、お肉を食べてみようと試そうと思ったのは36歳の時。

                 

                そこからお肉を食べ始めるようになった。それから、思考は現実的になり、

                 

                引き寄せや直感能力、シンクロニシティが、起きる事が少なくなってきた。

                 

                それも、新鮮で、普通に現実的に生きている方たちと、お話しできるようになって。

                 

                それでも、やはり、根本的な自分の性分は、変わらぬものがあって。

                 

                続く・・・

                posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
                血液型ダイエットって食品の合う合わないが分かる
                0

                  血液型ダイエットは健康と結びつく?

                   

                  あくまでも私の見解です。何年も食と関わってきて感じる事を書いていく。

                   

                  血液型ダイエットとは。

                   

                  血液型が出来たルーツを辿って行くと、その時代に生まれた食料を食べると痩せやすいと。

                   

                  O型・・・狩猟民族(肉食で痩せる)

                  A型・・・農耕民族(野菜や米で痩せる)

                  B型・・・遊牧民族(乳製品で痩せる)

                  AB型・・・進化系(肉全般ダメ炭水化物で痩せる) 大雑把に書いてみた。

                   

                  O型(自分)は、肉を食べると痩せると言う。(牛肉・ラム肉・レバー)

                   

                  基本炭水化物が身体に合っていない。

                   

                  ダイエットをしたいと言う方にこの話をすると、やはり、このやり方で成功する事が多い。

                   

                  これまでの話は普通の話で。自分も、身体で感じて、米や小麦を摂取すると、

                   

                  咳や頭痛が頻繁に起こる。肌荒れも的確。浮腫み、疲れ、イライラ、集中力欠如・・・

                   

                  そんな事で、ダイエット関係なく、食品には気を付けているのだけれど、

                   

                  この、痩せるとか、太ると言う事は、身体に適応しているかしていないかが見えてくる。

                   

                  適応・・・カロリーにはなるけど、消化に時間がかかってエネルギーを消耗させる事が、

                   

                  身体の病気や疲労に繋がるのであれば、その食品を出来る限り、避ける事が出来れば、

                   

                  毎日、充実して、生き生きと過ごせるのではないかと思う。

                   

                  30年も、食について気にかけているので、自分で合う合わないが理解できるのだけれど、

                   

                  この方法は、色んな人にも使えるのではないかと思って。それは、

                   

                  日々、理想の身体で、理想の健康で、理想の集中力とモチベーションで、生きていけたら、

                   

                  最高ではないか!これは、避ける事が出来るのであれば、合わない食品は避けた方が良い。

                   

                  日々実験だと思う。具合が悪い人に血液型を聞いてみると良い。

                   

                  最近、合わない物を食べ続けたんではないか。と話すとほぼ間違いなく、この定義に

                   

                  沿っていると思う。

                   

                  私は、もう米を食べない。パン、麺類、小麦を使ったお菓子等は、自分で買う事は無い。

                   

                  頂いたりご馳走になった時だけは、美味しく頂く。その様に自分の身体の事を考え、

                   

                  実行しているので、病気をする事はまず無い。

                   

                  この方法は、ダイエットになるかどうかは、分からない。ただ、

                   

                  身体が健康になる事は、間違いないと思っている。

                   

                  mitsue

                  posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
                  大豆はOK豆乳はアレルギー
                  0

                    大豆は大好き豆乳飲んだら痒くなる

                     

                    大豆は食べられるけど、豆乳はアレルギーになりやすいと言う事がある。

                     

                    豆類は長年毎日食べ続けている。大好き。

                     

                    豆乳を飲んだら、色んな所が痒くなってしまう。

                     

                    意味が分からなかった。

                     

                    調べてみた。

                     

                    味噌や醤油、納豆、煮豆などの大豆加工食品を食べてもなんともないのに、豆乳を飲んだらアレルギー症状が出たという人がいます。

                    それはなぜかというと、味噌、醤油などの大豆加工食品に比べて、無調整豆乳や調整豆乳といった「豆乳」は加工の程度が低く、また液体であるために、大豆たんぱく質が吸収されやすいからです。

                    大豆たんぱく質の吸収率が約60〜約80%である大豆加工食品に比べて、豆乳、豆乳飲料や大豆を主原料とする飲料の吸収率は約90%。豆乳の場合、大豆たんぱく質がほとんど吸収されてしまうことを考えれば、大豆加工食品を食べて問題がなかったとしても、豆乳や豆乳飲料を飲んだらアレルギー症状が出たというのも不思議ではないわけです。

                     

                    また、大豆加工食品を食べることで発症する大豆アレルギーとは別に、タイプの違う大豆アレルギーも増えてきています。

                     

                    以上抜粋

                     

                    大豆たんぱくアレルギー??何?

                     

                    豆類は色んな金属類も入っている為、金属アレルギーを疑っている。

                     

                    色んな食べ物にアレルギーが反応していると、本当に日常大変。

                     

                    金属アレルギーも関係していると言う事を知らない事が多いから、

                     

                    知っていると気を付けて快適に生きていける。

                     

                    アレルギーを持ってしまった身体、何もかも吸収してしまうと言う事は、

                     

                    栄養もちゃんと吸収して反応してくれているという事だから。

                     

                    色んな意味でね。

                     

                    mitsue

                     

                    http://genuine-salon.jp

                    posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |
                    遅延型食物アレルギー
                    0

                      遅延型食物アレルギー検査したら

                       

                      何かだるい、頭痛、皮膚が荒れる、疲れている・・・

                       

                      など、何らかの症状が出た際に、気を付けられる事がある。

                       

                      食物アレルギーは、食べて直ぐに反応するものだが、

                       

                      遅延型のものは、2〜3日経ってから出るものがある。

                       

                      それを疑い、2014年に行った。

                       

                      指先にちょっと血液を出して、それをアメリカまで送るという。

                       

                      3万円という高価な検査。

                       

                      遅延型は、誰にでも発症する。同じものを食べ過ぎてもアレルギーとなる。

                       

                      初めは小麦を疑った。小麦で唇が荒れる切れる、頭痛がするというもの。

                       

                      いつも食べてから2〜3日後。検査の結果は、卵だけだった。

                       

                      6段階中6。今は卵は食べていない。

                       

                      と言う事は、小麦のアレルギーではなく、小麦の『ダニ』を疑っている。

                       

                      腰の辺りの皮膚に湿疹ができ痒くなるのは小麦。

                       

                      何か身体に都合の悪い症状が出た時は、食べ物を見つめる事で

                       

                      改善できるかもしれない。精神的にも関わる事だから。

                       

                      mitsue

                       

                      http://genuine-salon.jp

                      posted by: mitsue | 食について | 00:00 | comments(0) | - |