やりたい事は何の為に
0

    やりたい事はやっているか?やらされていないか?

     

    その手段しかないの?その方法しか知らないから。

     

    それしか道はないの?その方法しか知らないから。

     

    沢山の方法があるのだろう。沢山の道があるのだろう。

     

    やり方も、色んなやり方があって。

     

    それらを探すのは、楽しい事。

     

    皆やっていない事かもしれないけれど、それをやってみると、

     

    とっても楽しい。

     

    『普通じゃない』『変だ』と言われるよ。

     

    『普通って何?』『変って何?』

     

    やりたい事は、自分の為でしょ?誰にやらされているの?

     

    自分の事なのに、『世間が』『人にどう見られるか』『将来の為に』

     

    で、自分を失っている。

     

    そんなん若々しくないよ。そんなになるまで、ほおっておいて。

     

    だって顔が笑っていないんだもん。

     

    私が笑わしてあげちゃうよ。楽しくて、ワクワクする事。

     

    やりたい事は無い?絶対にあるし。

     

    やりたい事が出来ない?絶対に出来るし。

     

    命が無くなりそうだったり病気だったりの出来ない条件は除いて。

     

    本当に笑ってる?心の底から笑っている?

     

    そんな人の中で生きていたいね。そんな世界に行ってみよう。

     

    めっちゃ楽しいで。わらけるくらい!!!

     

    mitsue

    posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | - | - |
    高い視点を持てるとチャンスを見つけやすい『認知バイアス』
    0

      認知バイアス

       

      チャンスはたくさん転がっているのに、近視眼的に物を見てしまい、

       

      一気に視野が狭くなって勿体ない事にその機会を逃してしまっている事に、後から気付く。

       

      目を見開いて見ていると思っていても、結局、見ている所が一点だけだと言う事を。

       

      『甘い!』と反省ばかり。反省してもまた繰り返す。

       

      実際、多くの人の思い込みや信念が原因で、偏った物の見方をしていて。

       

      『認知バイアス』認識の偏りと言われるもので。

       

      自分の考えと辻褄を合わせる様に、物事の因果関係を捉えてしまう。

       

      バイアスがかかった状態でパターンを探し出そうとする為、

       

      私達は物事の因果関係を見誤ってしまう。

       

      それが原因で新たな可能性を閉ざしてしまっている。

       

      これらを防ぐためには、『視点』を上げる事。簡単ではないのは分かってる。

       

      物理的に高い所から見るのに、地上ではぐちゃぐちゃに走って見える車も、

       

      上空から見ると時間や天候で混雑の仕方や進行方向にパターンがある事が分かる。

       

      昨日、私に泣きながら話してきた女性の話で・・・

       

      「上司は自分の事を理解してくれない」と対立したりする。

       

      これは、明らかに自分しか見えていない低い視点。

       

      こういう際に、視点を高くすると、課全体、部全体、会社全体で

       

      自分の立ち位置を把握できる。

       

      色んな現場で意見が噛み合わないのは、各々のベースになっている理論が違う為で、

       

      高い視点を持てると、自分のフィールドを越えてチャンスを

       

      見つける機会を増やす事が出来る。

       

      昨日考えさせられた出来事だった。

       

      mitsue

      posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | - | - |
      次のステージへ
      0

        以前の自分はもう居ない

         

        細胞は、日々入れ替わる。

         

        人間は11ヵ月で、全ての細胞は入れ替わる。

         

        11ヵ月前の自分は、もう居ない。

         

        昨日の自分ももう居ない。

         

        日々、新たな自分へと成長していく。

         

        以前の自分に執着せずに、時代と共に、繁栄の為に、

         

        新たな自分を受け入れよう。

         

        以前と違う自分は、違和感はあるけれど、それが『決断』。

         

        最近、お客様達が、どんどん『豊か』になって行くのを感じている。

         

        昔の自分を捨ててこう。自分は、日々、生まれ変わっているのだから。

         

        mitsue

         

         

         


        ○●—————————————————-●○
          つくば市の美容室 「genuine」
          〒305-0033 茨城県つくば市東新井32
          TEL: 029-819-3016
          URL: http://counseling-salon.jp
        ○●—————————————————-●○

         

        posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(1) | - |
        行動を選ぶと結果も選ぶ事
        0

          問題が大きい分、処置を誤った時に被るダメージも大きい。

           

          『不当だ』と言う事にこだわり続けていたら、問題を拒む事にではなく、取り組む事に

           

          注いだ貴重な時間とエネルギーを、無駄にする事になるだろう。

           

          放って置けばますます複雑になるだけで、現実を受け入れず、真実に対処する代わりに

           

          こんな事が起きる筈がないと言う理由に執着してしまう。

           

          自分を信じるがゆえに自分が信じるものは正しいのだと思い込むと、ともすれば別の

           

          可能性に心を閉ざしてしまう。また、受け入れる物が苦痛に思える事を否定してそのままに

           

          していたら、気付かぬうちに有効な防衛策を取れない状況になり、失敗するかもしれない。

           

          まず事の深刻さを含めて状況を把握しなければならない。自分も問題の本質を把握しないと

           

          有効な手を打てない。

           

          私達は、必要としているのにその事を認めれば自分の弱さを見せてしまうように思えて、

           

          『毅然として態度』を取る事がある。けれども、『困難居耐え抜いてみせる』と

           

          言い張っていると、得られる助けをはねつけてしまうかもしれない。

           

          今までの人生を振り返れば、こうした出来事が記憶にある筈。現実を否定して生きていた時

           

          その時は正しいと信じていた最初の過程に基づいて判断を下した時、どんな結果になったか。

           

          無気力に陥っていた時、仮面を被って他人の助けをはねつけていた時、どんな結果になったか。

           

          自分のどんな選択が、自分が望んでいない・・必要としていない・・結果をもたらしたのか。

           

          自分の問題はありふれたものだったのか。途方もなく大きな問題だったのか。

          posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(0) | - |
          自分自身を騙している
          0

            大抵の人が自分自身を騙している

             

            貴方自身がなぜ人生の途上で困難な状況に陥るのか、その理由が分かる。

             

            人生を自分自身でコントロールする技能を磨いている人は、魅力的。

             

            自分を偽らず、人間らしく、だからと言ってもろい部分もある。

             

            今でもいい人生を送っていて、もっと良いものに出来ればと思っている場合であろうと、

             

            悲惨な人生を送っていて、自分でも変えねばならないと思っている場合であろうと、

             

            何も問題ではない。

             

            貴方は『今』も『将来』も『自分自身の人生に責任がある』のだから。

             

            大抵の人は、自分に難しい質問をぶつけず、自分の本当の性格や態度を直視せず、

             

            成功する為の努力を無にする肝心な問題に取り組まない事によって、自分を騙している。

             

            自己欺瞞の霧の中で暮らしている他の人は放って置こう。目隠しを取り、真実に対処する!

             

            そうすれば、魅力的になれる。

            posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(1) | - |
            自分自身自問自答
            0

              人生を変える事は可能である。

               

              ただ、その為の道具と焦点、心の掘り下げが欠けていないか。

               

              自分の問題を重大だと見なせば、何か得るものはある。

               

              もし、今の方法で上手く行かないなら、他のやり方を検討する位の事をするべきだ。

               

              望むものを手に入れる為に必要な事を、全て知っている訳ではないと認める事から始める。

               

              自分に問いかけてみよう。『私は本当に人生の戦略を持っているか?』

               

              『それとも単に受け身でその日その日をやり過ごし、たまたま自分に巡って来たものを

              手に入れているだけなのか?』

               

              もしそうなら、自分には競争心が欠けている。(自分自身との闘いにとって)

               

              人生の勝者達は、ゲームのルールを知り、計画を立てている。人生の勝者が勝者である理由は

               

              大きな謎ではない。ゲームのルールを知り、計画と地図を持たなくてはならない。

               

              自問する必要がある。

               

              『私は本当に望む所に向かっているのか?』

              『今自分がしている事は、本当にしたいと思っている事なのか?』

              『自分が手に入れたものは、本当に自分が求めているものなのか?』

               

              本当は、既にこの質問の答えを知っているのではないだろうか。

               

              大抵の人は、自分自身を騙して生きている。

              posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(1) | - |
              誰も代わって生きてはくれない
              0

                誰も貴方に代わって闘ってはくれない

                 

                自分の身に起こっている事は、全く不当だと感じているかもしれないし、正しいのかも

                 

                知れない。時々、人はフェアでなかったり鈍感だったりするが、人生には付きもの。

                 

                成功していれば、中傷される事も多い。フェアであろうがなかろうが、他の誰でもない

                 

                自分自身を助けなければならない。自分の為に闘わなければ、他の誰も自分が代わって

                 

                闘ってはくれない。この世の中で最も必要な味方は、他の誰でもない

                 

                『自分自身』だと言う事。人生と言うこの闘いで、勝敗を左右するのは、

                 

                大抵自分自身の心の中で行われる闘いだと察しているだろう。

                 

                問題を大きくしているのは、ただ単に、それが自分自身の問題だから。

                 

                自分自身を最優先にするのが『人情』と言うもの。自分の問題は些細な事だと見なしたり、

                 

                言い訳するべきではない。問題が自分にとって重大ならそれで充分。重要視してしかるべき。

                 

                問題が重要なのは、貴方が『重要』だから。

                 

                自分にとって問題であるなら、その問題を気にかけるべき。自分の身に降りかかった事が

                 

                正当か不当か、くよくよ考える様な状態にはまり込まない様に気を付けないといけない。

                 

                不当であってもそれはきちんと対処しなければならない事には変わりはない。

                 

                今の方法で上手く行かないなら、他のやり方を検討しよう。

                posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(0) | - |
                問題がひとりでに解決する事は絶対にない
                0

                  問題がひとりでに解決する事は絶対にない

                   

                  問題は、自然と解決するはずと言う誤った思い込みを持っている時がある。

                   

                  そんな誤った思い込みは強烈に砕かれた。私も現実に立ち向かう事が出来、数年かけて

                   

                  自分の人生のコントロール権を取り戻す事が出来た。

                   

                  『楽観主義者』『悲観主義者』についてブログにも書いてきたけど、結局

                   

                  『現実主義者』になれ!!と言う事である。

                   

                  どんなに不幸だと自分自身が思えることがあっても、現実に起こっている事を一切否定せず、

                   

                  まずは、物が分かっているかいないか、から始める。どんな時でも、自分以外の相手と

                   

                  対応しなければならないのだから、まずは『自分』、次に何が相手を動かしているのかを

                   

                  理解し、適切な情報を集め、自分自身をしっかりコントロールする事。

                   

                  この法則ら全て、個別具体的であると言う事である。自分で責任を持つ事。

                   

                  自分の選択が自分の人生を作る事。と言う普遍的な法則については、多くの本が語っている。

                   

                  心理学や行動科学の中で、『認知行動療法』という概念がある。これは、私達が何かの

                   

                  行動の中で不適応を起こしたり、問題が生じた時に、まずは事前に私達が持っている誤った

                   

                  認識や行動を阻害する要因となっている仮定についてそれを理解させ、さらに行動の変化を

                   

                  通じて問題に対して適応的に行動させるよう促す事により、解決を促進する手法である。

                   

                  結局全て『認知行動療法』であり、様々な角度からその手法を話しているだけ。

                   

                  他の誰も自分に代わって闘ってはくれない。この世の中で最も必要な味方は、

                   

                  他の誰でもない、『自分自身』だ。

                   

                   

                   

                   

                  posted by: mitsue | 人生のマニュアル | 00:00 | comments(0) | - |